ざんぞんほこうしゃ

残存歩行者

残存歩行者とは、歩行者用信号が赤になっても横断歩道を渡っている歩行者のこと。車両用信号が青になっても残存歩行者がいる場合には、自動車を運転しているドライバーは発進を遅らせること必要となる。

また横断歩道の直前で停止しており、横に大型車が停止していると残存歩行者が見えにくくなる。この状況で見切り発進をすると危険なため注意が必要となる。

/
/
<302>  2009.11.10更新