ぎょうてんぎょく

業転玉

業転玉とは、業者間で転売されたガソリンのこと。安価である事が特徴。原油からは、特定の油種だけを取り出すことができないため、元売企業のガソリンが余剰在庫になる場合がある。その際、ノーブランド品として出回るガソリンである。

業転玉は無印スタンドやエネルギー商社系のPBSSで提供されており、日本の気候ではガソリンが劣化しやすく、転売されている間に、劣化している事も多い。そのため、業転玉を給油すると自動車の不具合に繋がる事がある。

なお、公正取引委員会は、2013年6月25日、自民党石油流通問題議員連盟の役員会で、業転玉の流通など、元売の系列外取引の実態を調査するガソリン流通実態調査の概要版を発表。調査によると、元売が販売したガソリン販売数量のうち、約10%が商社を経由し、PBSSなどで販売された業転玉であったとの実態を示した。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1043>  2013.7.20更新