とうめいしゅうちゅうこうじ

東名集中工事

東名集中工事とは、中日本高速道路株式会社が行う東名高速道路の工事。毎年10月に2週間程度の工程で行われている。

1969年に全線開通した東名高速度道路は長い年月が経っており、老朽化対策、環境対策、安全性や快適性の向上、情報化への対応のために行われる。短区間ごとの工事ではなく、全線を短期間で集中的に工事する。集中工事のほうが短区間ごとの工事に比べて、工事渋滞を約6割削減できたり工事規制件数も大幅に削減できるというメリットがある。

集中工事期間は原則交通量の多い土日祝日は行われず、平日に昼夜連続車線規制がされて行われる。期間中は入口や出口が封鎖されるICもあるので、注意が必要となる。中央自動車道への迂回も推奨されており、料金調整がなされる。工事内容は舗装修繕工事、防護さく改良工事、橋梁床版補強工事、橋梁つなぎ部の補修、遮音壁設置工事などがある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<268>  2009.10.17更新