とうほくじどうしゃどう

東北自動車道

東北自動車道とは、川口JCTから青森ICまでを結ぶ高速道路。埼玉県、群馬県、栃木県、福島県、宮城県、岩手県、秋田県、青森県の8県にまたがる。NEXCO東日本が管理運営を行う。総距離は679.5km。日本の高速道路の中では最長。2002年の1日平均交通量は約2万9千台。

川口JCTで首都高速S1川口線及び東京外環自動車道と接続。栃木都賀JCTで北関東自動車道、宇都宮ICで日光宇都宮道路、郡山JCTで磐越自動車道、村田JCTで山形自動車道、仙台南ICで仙台南部道路、北上JCTで秋田自動車道、花巻JCTで釜石自動車道、安代JCTで八戸自動車道、青森JCTで青森自動車道が分岐している。

1972年に岩槻IC〜宇都宮ICが部分開通。その後次々と部分開通していき、1987年全面開通となった。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<191>  2009.8.18更新