とうきょうのこうつうひゃくねんはく

東京の交通100年博

東京の交通100年博とは、都営地下鉄や都営バス、都電などを運行する東京都交通局の創業100周年を記念して行われる事業の一つで、東京の交通発展の歴史を紹介する特別展示のこと。墨田区にある東京都江戸東京博物館で開催される。

1911年に東京市電気局として発足した東京都交通局が2011年8月1日に創業100周年を迎えることから企画された。サブタイトルは、「都電・バス・地下鉄の"いま・むかし"」。都営交通の100年の歩みを軸に、明治から平成に至るまでの東京の交通の歴史を紹介する。

目玉としては、かつて都電の車両として使用され、現在は北海道函館市で除雪車両として使われている「ヨヘロ」の展示などが行われる予定。なお、2011年6月に展示が開始される予定であったが、東日本大震災の影響により延期が決まった。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<717>  2011.4.20更新