ほんせんしゃどう

本線車道

本線車道とは、高速道路または自動車専用道路で通常高速走行をする部分で、加速車線減速車線登坂車線路側帯路肩と区別される。道路交通法によって定められている。本線車道が片側2車線以上ある場合には、最も右寄りを追越車線、それ以外を走行車線といい、前車を追い越すための車線となっている。本線車道へ入る時は、本線車道を通行している車の進行を優先し、本線車道と本線車道が合流する場合は、表示による指定を守る必要がある。

本線車道では一般道とは異なる最高速度最低速度の規制が適用される。最高速度は大型乗用自動車、特定中型貨物自動車以外の中型自動車普通自動車で3輪でないもの、大型自動二輪車普通自動二輪車では時速100km、左記以外の自動車、他の車を牽引するときでは時速80km、最低速度はいずれの車両の場合も時速50kmと決められている。ただしこの最高速度、最低速度は、往復の方向別に分離されていない区間では適用されない。往復の方向別に分離されていない本線車道の区間では、一般道路の速度規制と同様となる。

牽引する際は、特別に標識などの指示がある場合を除いて本線車道の最も左側の車両通行帯を通行する。本線車道上ではUターンしたりバックしたり、中央分離帯を横切ったりすることは禁止されている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<292>  2009.10.31更新