ほんしれんらくどうろ

本四連絡道路 【 本州四国連絡高速道路 】 本四高速

本四連絡道路とは、本州と四国を結ぶ3つの高速道路の総称。神戸西ICと鳴門ICを結ぶ89kmの神戸淡路鳴門自動車道、早島ICと坂出ICを結ぶ37.3kmの瀬戸中央自動車道、西瀬戸尾道ICと今治ICを結ぶ46.6kmの西瀬戸自動車道の3つが本四連絡道路にあたる。

神戸淡路鳴門自動車道には明石海峡、大鳴門橋が架かっており、瀬戸中央自動車道には瀬戸大橋が、西瀬戸自動車道には新尾道大橋、因島大橋、生口橋、多々羅大橋、大三島橋、伯方・大島大橋、来島海峡大橋がそれぞれ架かっている。

西瀬戸自動車道は瀬戸内しまなみ海道という愛称で呼ばれており、橋の部分のみ、歩行者自転車、原付自転車も通行できるようになっている。尾道から今治までの全長60kmの道のりを徒歩などで通行することができ、観光スポットになっている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<465>  2010.4.28更新