ゆうりょうどうろ

有料道路

有料道路とは、通行する自動車などから通行料金を徴収して維持される道路のこと。

財源不足を補う方法として借入金を用い、完成した道路から通行料金を徴収してその. 返済に充てている。

入り口付近に料金所が設置され、一旦停車し料金を支払う。料金の額は、国土交通大臣の許可を受けて決定されており、有料道路には、道路法に基づくもの、道路運送法に基づくものなどがある。高速自動車国道都市高速道路、一般有料道路、観光道路などが有料道路としてある。

また、料金徴収期間には限度があり、高規格幹線道路(高速道)、都市圏自動車専用道路(都市高速)等のネットワーク型道路については40年以内、その他の有料道路については30年以内と決まっている。よって、それ以降は無料開放されることになる。

有料道路の自動料金支払いシステムとしてETCがあり、自動車にETCカードが挿入されたETC車載器が設置してあれば、料金所をノンストップ&キャッシュレスで通過することができる。

また、道路運送法に基づく自動車事業を営む各社が事業発展のため、昭和31年に日本有料道路協会を発足し、観光道路情報などを提供している。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<79>  2009.1.5更新