ふつうりょかくうんちん

普通旅客運賃

普通旅客運賃とは、交通機関を利用する際にかかる運賃のこと。普通旅客運賃の算出方法は交通機関によって、様々な方法がある。キロ当たりの賃率に乗車区間の営業キロ数を乗じて運賃額を算定する方式の対キロ制、営業路線の一定距離を基準にいくつかの区間に分け、乗車した距離に応じた区間運賃を算定する方式の対キロ区間制、路線を区間ごとに区切って、区間をまたぐごとに運賃が加算される区間制、時間や距離にかかわらず料金が変わらないの均一性などがある。

運賃の支払方法は、券売機で切符を買う、直接現金、ICカードによる決済が取り入れられている交通機関ではICカードによる方法などがある。

普通旅客運賃に対して、定期券による運賃を定期旅客運賃といい、有効期間内に毎日1往復する普通旅客運賃の合計額よりも割り引かれている。ただし定期旅客運賃でも、定期券の有効期間中に該当経路を利用する回数が少ないとかえって割高になる場合もあり得る。

/
/
<381>  2010.1.19更新