あかしかいきょうおおはし

明石海峡大橋

明石海峡大橋とは、瀬戸内海を渡り本州と四国を結ぶ世界最長の吊橋。

本州四国連絡橋のひとつで、神戸淡路鳴門自動車道にある。愛称はパールブリッジ。

10年の建設期間を経て1998年に開通。神戸市垂水区舞子と淡路島の津名郡淡路町松帆に架かっている。

橋長は3,911m、橋げたを支える支間長は1,991mで世界一の長さである。

その景観の美しさから写真集などもだされており、また、メインケーブル上には、赤、青、緑のかけあわせによってあらゆる色をつくりだす特殊照明が1,092個設置されていることから、ライトアップにより夜の明石海峡をロマンティックに演出している。

有料道路であるため、126cc以上の二輪自動車・軽自動車と中型車、特大車の区分で料金が設定されている。

自転車などは通行禁止だが、サイクリング大会などで通行可能なときもある。また、明石海峡大橋ブリッジワールドとして、予約制ではあるが海上300mの主塔登頂ツアーも企画されている。

/
/
<86>  2009.1.14更新