にほんこうくう

日本航空JAL Japan Airline / 日航

日本航空とは、日本の航空会社。持株会社である日本航空を指す場合と、日本航空の子会社で、中核事業会社である日本航空インターナショナルを指す場合がある。日本航空の傘下には日本航空インターナショナル以外に、日本トランスオーシャン航空JALエクスプレス、JALウェイズ、ジェイエア、日本エアコミューター、北海道エアシステム、琉球エアコミューターがある。日本航空インターナショナルのIATA航空会社コードはJL、ICAO航空会社コードはJAL。

1951年に事業会社として日本航空が設立されて以来、日本航空は日本のナショナルフラッグキャリアとなっている。2002年に日本航空と日本エアシステムが株式移転し、日本航空システム(JALS)という持株会社が設立され、2004年に日本航空システムが日本航空に商号変更されると共に、それまでの日本航空が日本航空インターナショナルという商号に変更された。

国内線国際線を運航しており、国内線は1951年10月に東京-大阪-福岡線が1番機マーチン202もく星号によって初めて就航し、国際線は1954年2月にサンフランシスコ線がDC6Bによって初めて就航した。2009年時点で国内線143路線を持ち、国際線35カ国217空港に乗り入れている。

航空連合には、2005年にワンワールドに加盟している。2009年に経営危機に陥り、2010年1月に会社更生法を適用した。また米大手航空会社のデルタ航空アメリカン航空が資本、業務提携を前提とした支援を表明し、アメリカン航空と提携することになった。アメリカン航空は日本航空と同じ航空連合であるワンワールドに属している。アメリカン航空と提携する場合、米独占禁止法の適用除外(ATI)を受ける必要がある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<365>  2010.1.6更新