にほんじどうしゃこうぎょうかい

日本自動車工業会 【 自工会 】

日本自動車工業会とは、日本国内の自動車、二輪車などのメーカーが加盟している団体のこと。自動車工業の発展と、日本経済の発展、国民生活の向上に寄与することを目的にしている。1967年に、自動車工業会と日本小型自動車工業会が合併して設立された。2010年に社団法人から一般社団法人に変更した。

日本自動車工業会の主な事業は、自動車の生産や流通、貿易、消費に関して調査を行い、その結果を発表することである。とりわけ、日本自動車工業会が発表する乗用車生産台数は、経済指標としても注目されるものの一つである。また、自動車や環境問題に関する政策についての調査、提言も積極的に行っている。

国内の乗用車、トラック、バス、二輪車のメーカー全14社が加盟しているが、会長職はトヨタ、日産、ホンダという3社の役員が持ち回りで就任している。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<709>  2011.4.12更新