にほんうちゅうしょうねんだん

日本宇宙少年団YAC

日本宇宙少年団とは、宇宙を題材としたさまざまな取り組みを行なっている青少年団体のこと。英語表記はYoung Astronauts Club-JapanでありYACの略称で知られる。所在地は神奈川県相模原市であり、1986年11月に設立された。理事長は、銀河鉄道999の著者である松本零士氏。日本全国に140分団、4000人の団員を有する公益財団法人である。宇宙をテーマにした体験プログラム、水ロケットコンテスト、スペースキャンプ、宇宙飛行士との交流、衛星データを利用した学習プログラムなど、宇宙や科学に関する教育実践活動や国際交流を行なっている。

Webサイト上もしくはYAC本部での代理登録にて入団申し込みを受け付けており、仮団員を経て団員となる。団員には、団員証、宇宙パスポート、団員バッジが贈られ、宇宙教育情報誌やメルマガ、オリジナル教具や教材などが定期的に届く。また、分団活動やYAC主催イベント、JAXAイベントへの参加や国際交流機会、宇宙関連施設の特別見学や宇宙飛行士、科学者、研究者。技術者などの講演や交流機会に参加できる。ほかに、団員得点として一部の科学館や博物館の入場割引やグッズ割引などが受けられる。登録料は2,000円、年会費は3,000円。家族団員も存在し、登録料は2,000円、年会費は5,000円となっているが、送付物は家族毎にひとつとなっている。

  • JAXA  【宇宙航空研究開発機構】
      <$Rel2>
      <$Rel3>
    /
    /
    <1042>  2013.6.30更新