しんかんせんてつどうかいぎょうごじゅっしゅうねんきねんかへい

新幹線鉄道開業50周年記念貨幣

新幹線鉄道開業50周年記念貨幣とは、2014年10月1日に新幹線が開業50周年を迎えたことを記念して、財務省が発行する記念貨幣のこと。1,000円貨幣と100円貨幣が発行され、デザインは1,000円貨幣が1種類、100円貨幣が5種類。

1,000円貨幣は額面が1,000円だが、販売価格8,300円のプレミアム型記念貨幣となり、純銀製で表面に0系新幹線と富士山、桜がカラフルに描かれている。5万セット限定の通信販売で2014年10月に申し込み受付けが開始されたが、申し込み多数につき抽選での販売となった。

一方、100円貨幣は額面通り100円での引き換えが可能。表面に東海道新幹線N700A、山陽新幹線500系東北新幹線E5系、上越新幹線E4系、北陸新幹線E7系およびW7系の先頭部分が描かれた5種類のデザインが用意され、裏面は共通で0系新幹線が描かれている。発行枚数は各230万枚前後で、2015年春以降に金融機関で引き換えが行われるほか、造幣局から貨幣セットとして販売される。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1141>  2015.1.26更新