きゅうきゅうしゃたいしゅつろ

救急車退出路

救急車退出路とは、高速道路と救急病院を直接結ぶ救急車専用の出入口(救急車退出路)のこと。国土交通省がすすめている。

今までは、高速道路(高規格幹線道路)のすぐそばに救急病院(高度医療施設)があるにもかかわらず、最寄りのインターチェンジから一般道路を経由して搬送するためにすぐに行くことができない状況であった。

そこで、高速道路と医療施設を直接結ぶ道路を新たに建設し、時間短縮や振動軽減を図り、救急患者の救命率の向上と後遺症の軽減に役立てている。

救急車退出路ができることで、スピーディーで安全な搬送が可能となったため、重篤の救急患者に対して24時間体制の救命救急センターが対応し、高度な専門医療行為を行うことができる三次救急医療体制が整備できる地域が拡大されてきている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<148>  2009.3.9更新