きゅうめいていしゅ

救命艇手

救命艇手とは、船舶の非常事態時に、救命艇に食料や航海用具を積み込んだり、救命艇の操作や旅客の誘導などを行える国家資格のこと。旅客船や搭乗員が100人を越える船には、救命艇手の滞在が義務づけられている。下位資格である「限定救命艇手」は膨張式救命いかだを取り扱うことができる。

救命艇手の受験資格は18歳以上の健康証明書を持っている者で、遠洋、近海区域を渡航する船舶、または総トン数500トン以上の漁船に1年以上、甲板部の職員または部員として乗り組んだ者となる。また、限定救命艇手の受験資格は資格取得は18歳以上の健康証明書を持っている者で船舶に6ヶ月以上乗り組んだ者となっている。

救命艇手の試験内容は、「救命艇、いかだ内の措置」、「衝突、火災、沈没等非常事態の知識」、「非常任務、消火知識」、「救命艇の種類などの知識」、「設備、構造知識」、「救命艇推進装置の知識」の6つの筆記試験と、「救命胴衣の知識」、「救命艇の起こし方」、「救命艇の表示、医療措置」の3つの実技試験がある。なお、航海、機関、通信の海技士と、大学、高専、高校で救命艇の操作に関する教科課程を卒業した者、海技大学校、海員学校、海上保安大学校、海上保安学校、水産大学校を卒業した者は無試験で資格を取得できる。

/
/
<924>  2012.2.22更新