はいしゅつけんとりひき

排出権取引

排出権取引とは、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスを排出できる権利を売買すること。温室効果ガスについては、国や企業などにあらかじめ排出してもよい量が決められており、削除目標を国内で達成できない国や企業が、達成することが出来た国や企業から排出権を買い取る取引である。市場取引という経済的手法を取り入れることで、より柔軟に世界全体の温室効果ガスを減少させようとする狙いがある。日本においても、国内の省エネや森林整備には限界があると考え、削除目標を達成するために排出権を購入する必要があるだろうといわれている。世界中でも排出権の争奪戦が起き排出権の価格が高騰するであろうと予測されている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<18>  2007.12.11更新