ふりこしきしゃりょう

振り子式車両

振り子式車両とは、列車の車両で、カーブ通過時に曲がる方向に車体を傾斜させるもの。傾斜させることでカーブ通過時もそれほど速度が下がらず、乗り心地も安定する。

振り子式鉄道車両は自然式と強制式に大別される。自然式は重心を傾斜回転軸の下に置くことで、遠心力をリンクやコロと呼ばれるローラーを通じて伝達して傾斜させる方式で、国鉄やJR等が研究開発してきた。それに対して、強制式は加速度センサーの情報から最適な角度を割り出して、リンクや油圧によって強制的に傾斜させる方式で、小田急電鉄等が研究開発してきた。

現在では自然振り子式の乗り心地をさらに改善した制御付振り子も開発され、採用されている。

  • 381系  【国鉄381系電車】
  • JR  【Japan Railways】
  • レール
  • JR九州  【九州旅客鉄道株式会社】
  • JR四国  【四国旅客鉄道株式会社】
    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<202>  2009.8.18更新