なりたくうこう

成田空港 【 新東京国際空港 】

成田空港とは、千葉県成田市にある空港で、1978年に開港された。主に国際線就航する空港であり、敷地面積は1,145ヘクタールで、IATA空港コードはHND、ICAO空港コードはRJTTとなっている。成田空港は都心からのアクセスの面で羽田空港に劣るが、京成電鉄の成田スカイアクセスでは日暮里町から最速36分であるなど、都心からのアクセスが高速になってきている。ほかにも成田エクスプレス、リムジンバスなどの交通手段がある。

成田空港には、第1ターミナルと第2ターミナルの2つの国際線ターミナルがあり、航空会社によって分かれている。それぞれに便利な施設やサービスが備わっており、海外旅行に必要な品物を調達できるようになっている。

成田空港ができるまでは、羽田空港が国内線と国際線が就航する国際空港として多くの定期便が就航していたが、定期便の増加とともにキャパシティに問題が生じはじめ、成田空港を建設して国際線を移転させることになった。こうして、基本的に羽田空港は国内線、成田空港は国際線という内際分離原則が置かれた。

しかし、近年では羽田空港を再び国際空港とする動きがあり、上述のように新国際線ターミナルが建設され、複数の国際線定期便が就航することになっている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<605>  2010.8.21更新