じゅんかんがたしゃかい

循環型社会

循環型社会とは、循環型社会とは廃棄されるものを最小限に抑え、製品が循環資源となった場合においてはこれについて適正に循環的な利用が行われることが促進され、および循環的な利用が行われない資源については適正な処分が確保され、天然資源の採取および消費を抑制し、環境への負荷が出来る限り低減される社会をいう。平成12年には環境型社会形成推進基本法が制定された。この法律は、物質循環確保の観点から、ごみを減らす(reduce)、発生した循環資源を再利用する(reuse)、発生した循環資源の再生利用(recycle)、の「3つのR」を提唱している。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<3>  2007.2.1更新