はめあい

嵌め合い

嵌め合いとは、機械部品を部品同士寸法が合うように調整すること。造船技術のひとつでもあり、水が絶対に入らないような円窓をつくる際に用いられる。

冷やして収縮された円窓を鋼板製の壁にはめた後、常温に膨張させることで窓と窓枠の間に隙間ができなくなる。この技術は建築にも応用されている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<287>  2009.10.23更新