こがたせんぱくそうじゅうめんきょ

小型船舶操縦免許

小型船舶操縦免許とは、小型船舶に船長として乗船するための免許。モーターボートなどは「一級小型船舶操縦免許証」または「二級小型船舶操縦免許証」を、水上オートバイなどは「特殊小型船舶操縦士免許証」を持っていなければ操縦する事ができない。2003年6月からボート、ヨット用の「一級」、 「二級」と水上オートバイ用の「特殊」の3区分に編成された。水上オートバイは、一級、二級の免許では操縦できず、特殊免許が操縦に必要となる。

小型船舶とは、総トン数20トン未満の船舶であるが、1人で操縦を行う構造のものや長さが24メートル未満のもの、スポーツやレクリエーションのみに用いられ漁船や旅客船等の業務に用いられないものは、総トン数20トン以上のプレジャーボートでも小型船舶の範囲内となる。

一級小型船舶操縦士が小型船舶で操縦できる範囲は無制限だが、沿海区域の外側80海里未満の水域以遠を航行する場合、機関六級海技士以上の資格を持つ者を乗船させる必要がある。二級小型船舶操縦士は、小型船舶で海岸から5海里までの海域を操縦できる。年齢が18歳未満の人間は操縦できるボートの大きさが5トン未満に限定される。ただし、18歳になると、手続きの必要なくこの限定は解除され、次回免許証更新時には限定の無い免許証が発行される。湖川小出力限定の二級小型船舶操縦士は湖や川だけに利用する総トン数が5トン未満、エンジンの出力15キロワット未満の船を操縦できる。

また、旅客船や遊漁船など人の運送をする小型船舶の船長になろうとする場合、2003年6月以降の小型船舶操縦免許の習得者は、通常の小型船舶操縦士試験の合格に加え、小型船舶操縦者としての業務を行うのにあたって必要となる海難発生時における措置、救命設備等に関する「小型旅客安全講習」の受講が必要となる。

/
/
<919>  2012.2.10更新