こがたじどうにりんしゃ

小型自動二輪車

小型自動二輪車とは、道路交通法により定められた自動車の区分の一つで、総排気量50cc超125cc以下のオートバイのこと。乗車定員は1人、もしくは運転者用以外の座席があるものは2人。乗車にはヘルメット着用が義務付けられている。小型二輪限定を含む普通二輪免許及び大型二輪免許を持っていれば運転できる。高速道路は走行できない。高速道路走行が可能な自動二輪車は排気量125cc超。

法定速度は60km/h。小型二輪限定を含む普通二輪免許取得資格は16歳以上であること。免許取得には指定自動車教習所を利用する方法とダイレクトで運転免許試験を受ける方法がある。小型二輪限定の普通二輪免許を取得すれば小型二輪、原動機付自転車を運転できる。

なお、道路運送車両法では排気量250cc超の二輪車を「二輪の小型自動車」と表記されているが、道路交通法における「小型自動二輪車」は別物。混同しないよう注意が必要。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<173>  2009.8.18更新