こがたとくしゅじどうしゃ

小型特殊自動車

小型特殊自動車とは、特殊構造をもつ小型の自動車。大きさは全長4.70m以下、全幅1.70m以下、全高2.00m以下と定められ、最高速度は農耕用作業車では時速35km以下、その他の小型特殊自動車では時速15km以下と決められている。排気量の制限はない。ヘッドガード、安全キャブ、安全フレームその他これらに類する装置が備えられている自動車で、当該装置をのぞいた部分の高さが2.00m以下のものに関しては、全高2.80mまで許容される。

道路交通法で以下のものが指定されている。内閣総理大臣が指定するものを除いたカタピラを有する自動車、ロードローラ、タイヤローラ、ロードスタビライザ、タイヤドーザ、グレーダ、スクレーパ、ショベルローダ、ダンパ、モータスイーパ、フォークリフト、ホイールクレーン、ストラドルキャリヤ、アスファルトフィニッシャ、ホイールハンマ、ホイールブレーカ、フォークローダ、農耕作業用自動車、ロータリ除雪車、ターレット式構内運搬車、自動車の車台が屈折して操向する構造の自動車および内閣総理大臣が指定する特殊な構造を有する自動車で最高速度が15キロ以下のものとなっている。

小型特殊自動車を公道で運転する場合には大型特殊自動車運転免許が必要になる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<309>  2009.11.13更新