たいキロくかんせい

対キロ区間制

対キロ区間制とは、運賃制度のひとつ。営業路線の一定距離を基準にいくつかの区間に分け、乗車した距離に応じた区間運賃を算定する方式のこと。対距離区間制ともいわれる。一定の距離を基準とした区間を定め、区間数に対応した加算額を累算してゆき、乗車距離に応じて階段状に運賃が変化してゆく。

日本では大手民鉄をはじめ営団、公営地下鉄、中小民鉄など大多数の鉄道事業者で採用されている。

例えば3km以内(初乗り)は120円、4〜29kmは5km 増すごとに30円を加算、そして30km以上は6km増すごとに40円加算というように計算される。

計算する区間を狭くすると対キロ制に、広くするとゾーン制の運賃制度に似てくる。運賃制度としては他に、乗車キロに関係なく運賃を均一とする均一制などもある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<247>  2009.10.1更新