とやまちほうてつどう

富山地方鉄道

富山地方鉄道とは、富山県東部を運行する私鉄のこと。正式名称は富山地方鉄道株式会社であり、本社は富山県富山市にある。1930年に設立された「富山電気鉄道株式会社」が母体となっている。1931年に「立山鉄道」を、1941年には「富岩鉄道」と「富南鉄道」を吸収した。1943年に交通会社の整理統合を図るための「陸上交通事業調整法」が施行、県営鉄道や市営路面電車の経営を移管した「富山県交通大統合」の実施に伴い現在の名称に変更された。

運輸業では、本線、立山線、不二越、上滝線からなる鉄道93.2kmを始め、軌道7.3km、乗合バス2,200.4kmを運行しており、地鉄の愛称で親しまれている。また、運輸のほかにもレジャー事業である電鉄富山駅ビル「ESTA」の運営や不動産事業、旅行業などの事業を展開している。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1037>  2013.4.10更新