とやまライトレール

富山ライトレール

富山ライトレールとは、富山県を運行する第三セクターの路面電車のこと。正式名称は「富山ライトレール株式会社」であり、本社は富山県富山市にある。2004年に設立、2006年4月29日に開業した。なお、短期間の開通を可能にした理由には元JR富山港線の軌道を利用したことが挙げられる。

富山ライトレールの路面電車は国内で唯一、全車両がバリアフリーの低床車両となっている。また、路面電車は道路混雑の緩和や交通事故の削減、二酸化炭素や窒素化合物の削減などに効果があるとされ、環境や人にやさしい交通システムで、海外を中心に路線が増えている。

シンボルは、TOYAMAの「T」をモチーフに富山湾がはぐくむ生命感を表しており、ブランドカラーは「いのちのブルー」となっている。また、路面電車の愛称は「ポートラム」とされた。

富山ライトレール株式会社は、路面電車のほかにも路面電車各駅に接続するフィーダーバスと呼ばれる路線バスを運行しており、路面電車の運行時刻に合わせて駅に発着をしている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1038>  2013.4.10更新