ていきてんけん

定期点検 【 法定点検 】

定期点検とは、自動車の使用者が定められた時期に、所有する自動車の点検をすること。車検よりも簡易で、短い間隔ごとに実施することが法で義務づけられているが、怠った場合の罰則は特にない。重量、乗車定員、自家用、事業用、レンタカーといった自動車の種類や用途の違いによって点検の時期は3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月ごとなどと異なっている。

原則は使用者が自ら自動車を点検することになっているが、自分で行うことができない場合、業者等に依頼しても良い。定期点検を行った場合には、点検整備記録簿に点検内容を記載する。国土交通省の機関である陸運局には点検未実施の使用者に対して、点検の実施を勧告することができる。また未実施のまま交通事故をおこした場合には、不利な証拠付けの1つとなることもある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<311>  2009.11.17更新