ていきりょかくうんちん

定期旅客運賃

定期旅客運賃とは、通勤定期券や通学定期券にかかる費用のこと。定期旅客運賃は有効期間内に毎日1往復する普通旅客運賃の合計額よりも低価格に設定されている。定期券は1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月の期間を選択することができ、期間が長くなるほど割引率が上がる仕組みになっている。期間の途中で必要なくなった場合は、残存期間分の料金を払い戻すことができる。

JRの場合、通勤定期券の割引率は1ヵ月間に毎日1往復する料金の合計のおおむね半額の料金が、1ヵ月の通勤定期券の価格となっており、3ヵ月定期、6ヵ月定期と期間が長くなるほど割引率が多くなるという仕組みになっている。

通学定期券は通勤定期券の運賃からさらに大幅に割り引かれており、大学から高校、中学、小学と教育課程が下であるほど、割引率が高くなる。ただし定期旅客運賃でも、定期券の有効期間中に該当経路を利用する回数が少ないとかえって割高になる場合もあり得る。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<380>  2010.1.19更新