こくどこうつうしょうどうろきょく

国土交通省道路局

国土交通省道路局とは、日本の道路行政を司る国家行政組織のこと。国土交通省本省内部部局の中のひとつ。

国土交通省本省内部部局には他に、自動車交通局や鉄道局などがある。道路局では、道路局長をトップに、次長と審議官、また、総務課から国道・防災課、有料道路課など合わせて7つの課で構成されており、国の直轄事業の遂行のため、地方支分局として全国に八つの地方整備局があり、その下に複数の事務所、出張所が配置されている。

業務内容としては、道路法などの法令に基づいて道路整備計画を立案することや一般国道(指定区間内)の管理、地方公共団体の行う道路の新設、改築等への助成、助言などを行っている。また、道路整備特別会計を経理し、高速道路会社及び日本高速道路保有・債務返済機構の運営一般に関すること並びに道路関係公社の指導なども行っている。

道路局では、最先端の情報通信技術を用いて人と道路と車両とを情報でネットワークすることにより、交通事故、渋滞などといった道路交通問題の解決を目的に構築する新しい交通システムであるITSを推進している。ITSの例としては、カーナビゲーションシステムと道路交通情報提供サービス(VICS)により、運転中、渋滞を回避しながら道案内をしてくれるサービスや、ETC(自動料金支払システム)、また、バスの所在地や待ち時間がわかるバスロケーションシステムなどもITSのサービスのひとつである。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<149>  2009.3.16更新