かへんバルブタイミング

可変バルブタイミングVVT Variable Vaive Timing / 可変バルタイ

可変バルブタイミングとは、自動車の4サイクルエンジンにおいて、吸排気バルブの開閉のタイミングが、運転の状況によって変化するシステムのこと。従来、バルブの開閉タイミングは固定されていた。バルブが開いている時間を長くした場合、エンジンの高出力を引き出せるが、いっぽうで、中低回転域においてトルクが不足する。反対に、バルブが開いている時間を短くすると、中低回転域においてトルクを引き出せるが、いっぽうで、エンジンの高出力は難しくなる。

可変バルブタイミングシステムでは、運転状態に応じてバルブタイミングを変え、適正な出力を得ると同時に、幅広い回転域で吸排気効率を高めることが可能となり、燃費も改善する。1982年にイタリアの自動車メーカー、アルファロメオが初めて商用車に可変バルブタイミングを採用し、現在では多くの自動車に使われている。

/
/
<710>  2011.4.13更新