せいどうきょり

制動距離

制動距離とは、ドライバーがブレーキを掛けて自動車を停止させるまでの距離のうち、実際にブレーキが効き始めてから止まるまでの距離を制動距離という。制動距離の前に空走距離がある。空走距離はドライバーが自動車を停止させる必要があると感じた瞬間から、ブレーキを掛け始めるまでに自動車が走ってしまう距離。ブレーキの性能により差はあるが、50km/h時の標準的な制動距離は18メートル。空走距離の標準的な値が14メートルとされていることから、50km/h時の停止距離はおよそ32メートルになる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<169>  2009.8.18更新