ぶんきき

分岐器 【 ポイント 】

分岐器とは、線路を分岐させる部分の軌道構造のこと。進路を転換する部分をポイントというが、分岐器を総じてポイントということもある。鉄道線路において線路を分岐させ、車両の進路を選択する機構である。

車両は、原則として線路の上を走行するため、乗用車のように自由に移動することができない。よって、分岐したり交叉したりすることで、移動方向を変える必要があり、方向転換をするためにも電車の軌道には必要不可欠である。分岐器の種類としては、在来線用の分岐器と、新幹線用の分岐器があり、また、レールの種類によって分類がある。他に、異なる2方向以上の線路へ導くターンアウトスイッチや、片開き分岐、両開き分岐、複雑な分岐をするシーサス・クロッシングなどもある。この分岐器の進路を切り替えるための装置を転轍器という。

/
/
<252>  2009.10.3更新