ぜんこくこうつうあんぜんうんどう

全国交通安全運動

全国交通安全運動とは、交通安全の考え方を国民に広く普及し、浸透させるために、毎年春と秋の2回実施される全国的な運動のこと。交通ルールの遵守と適切な交通マナーの実践を習慣付け、交通事故防止を徹底することを目的にしている。内閣府や警察庁をはじめとする各省庁、交通関係の各団体が主催し、国と地方公共団体、民間団体が協力して運動を展開する。

春の全国交通安全運動は4月6日〜15日までの10日間、秋の全国交通安全運動は9月21日〜30日までの10日間実施される。なお、統一地方選挙が行われる年の春の実施期間は、5月11日〜20日までの10日間となっている。全国交通安全運動の最終日は「交通事故死ゼロを目指す日」と定められている。

全国交通安全運動では毎回、全国と地域に分けて、それぞれ重点課題を決めて、その課題を中心に運動を展開している。また、運動の期間前と期間中には、全国の新聞に政府広報として全国交通安全運動の広告を出すのが恒例となっている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<733>  2011.5.13更新