めんきょていし

免許停止 【 運転免許停止 】 免停

免許停止とは、自動車の運転者が交通事故や交通違反を起こし、一定の点数が加算、累計されることで運転免許が停止となる行政処分のこと。点数によって免許停止の期間が定められており、期間中は自動車の運転ができなくなる。

免許停止の期間に運転をすると免許取り消し処分になる。免許取り消し処分は、運転免許がはく奪され、再び運転免許試験場で免許を取りなおさなければ自動車を運転できなくなるというもので、免許停止とは異なる。免許取り消しは点数の加算、累積によっても取られる措置となっている。

過去に免許停止になったことがない運転者の場合、違反、事故の点数累計6点以上で免許停止となる。6〜8点の場合は30日間、9〜11点の場合は60日間、12〜14点の場合は90日間の免許停止となる。過去に免許停止経験のある運転者はより少ない点数で免許停止となるため、回数を重ねるほど免許停止になりやすくなる。

免許停止期間は、任意で停止処分者講習を受けることで短縮することができる。講習は免停日数30日の短期、60日の中期、90日の長期の種類で分かれており、講習料金や短縮される日数がそれぞれに応じて異なっている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<644>  2010.10.6更新