びちくねんりょう

備蓄燃料 【 燃料備蓄 】

備蓄燃料とは、燃料不足や燃料価格の高騰に備えて、政府機関または民間企業が保有しておく燃料のこと。石油や灯油、LPGなどの燃料が備蓄されている。固有のエネルギー資源が乏しい日本では、燃料の大部分を諸外国から輸入している。しかし、産油国の政情不安や燃料価格の高騰が起こると、燃料供給が不安定になり、産業や国民生活に悪影響を与える。そこで、国家的な取り組みとして、燃料の備蓄を行っている。

民間の石油会社には、一定量の石油の備蓄が義務付けられている。1日あたりの石油の国内消費量に日数をかけて、何日分の石油を備蓄するようにと経済産業省が指示している。なお、石油の供給不足が起こると、備蓄の日数を引き下げて、石油の市場への放出を促すことがある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<699>  2011.3.22更新