しんごうき

信号機

信号機とは、自動車や歩行者などに進行や停止などを示す設備のこと。交通事故を防止するほか、車両の流れをスムーズにしたり、交通環境を改善するなどの役割がある。3色信号機では青が「進行」、黄は「停止」、赤は「進行不可」を意味する。

信号機の点灯には交通を管理するため「サイクル」、「スプリット」、「オフセット」のタイミングが重要とされている。サイクルとは信号機が一巡する時間を指し、サイクルにおける時間配分のことをスプリットという。また、連続する交差点を車両がスムーズに通過できるように各交差点の信号のタイミングを変え、生じさせるずれのことをオフセットという。

信号機の運用方法には、交差点ごとに単独で信号機を制御する「地点制御」と、連続設置されている信号機を関連づけて制御する「系統制御」、複数の信号機が複雑に設置されている地域で、交通状況を分析して的確なタイミングを指令する「地域制御」などが挙げられる。また、車両を感知すると色が変わる「半感応式信号機」や、ボタンを押すことで信号機の色が変わる「押ボタン式信号機」を設置し、交通を制御している地域もある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<950>  2012.4.11更新