しようかていしゃ

使用過程車

使用過程車とは、排出ガスの新たな規制が新車登録前ではなく、使用している間に実施された自動車のこと。新車登録前の自動車が規制の排出基準を満たしていなければ、規制によってその車は走行できない。しかし、使用過程車であれば、たとえ基準を満たしていなくても、すぐに走行できなくなるわけではない。

基準を満たしていない使用過程車には、通常猶予期間が設けられる。車種や最初の登録年月日に従って、猶予期間が決定される。猶予期間は最大で約10年程度となる。使用過程車が車検を受けると、車検証の備考欄に排出基準への適否と、使用可能最終日が打ち出される。排出ガスによる大気汚染に対処する上で、使用過程車の扱いが問題となることがある。

/
/
<692>  2011.3.8更新