ていねんぴしゃ

低燃費車

低燃費車とは、少ない燃料でより多くの距離を走る、燃費の良い自動車のこと。燃費の基準は国土交通省が設けており、自動車の燃料と車両重量ごとに燃費基準値を定めている。2010年現在、ガソリン車とLPガス自動車では2010年までに達成することを目標とした燃費、ディーゼル車では2005年までに達成することを目標とした燃費がそれぞれ発表されており、発表された数値を超えた自動車が低燃費車と呼ばれている。

燃費の目標を達成した自動車には、達成したことを証明するステッカーが貼られる。ステッカーには達成率に応じて、標準のもの、+5%のもの、+10%のもの、+20%以上のものがある。+15%以上の燃費基準達成率で、かつ排出ガス基準75%低減であればエコカー減税の対象となる。

なお国土交通省で示される燃費基準は10・15モード法という測定方法で計測されていたが、近年ではより正確な燃費数値を出すためにJC08モードという方法が取り入れられている。

/
/
<654>  2010.10.21更新