ていはいしゅつガスしゃにんていせいど

低排出ガス車認定制度

低排出ガス車認定制度とは、排出ガスの排出量を規制値に対して低減している自動車を国が認定する制度のこと。国土交通省が、排出ガス低減性能の高い自動車の普及を促進させるなどの目的で実施しているもので、ガソリン、ディーゼル、電気などを燃料とする自動車において、耐久走行をした後、排出ガスの量を測定するなどして評価・認定する。基準値以上を達成した自動車については、低減のレベルを表したステッカーを貼付することとしている。排出ガスのレベルに応じて、自動車税自動車取得税を支払う際に、減税される場合もある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<34>  2008.3.11更新