いよなだものがたり

伊予灘ものがたり

伊予灘ものがたりとは、JR四国が運行する観光列車のこと。JR予讃線の松山駅-伊予大洲駅、八幡浜駅間を走り、同区間は「愛ある伊予灘線」という愛称で呼ばれる。2014年7月26日に運行が開始された。

列車は2両編成で、1号車は夕日を連想させる茜色、2号車は太陽と柑橘類をイメージした黄金色に塗装されている。特急列車ではない普通列車だが、全席がグリーン車指定席となっており、4人用または2人用の対面シートのほか、海向きの窓側に展望シートを備えている。

土日祝日に1日2往復で運行され、片道約2時間20分。夕方に運転される列車を除いて、事前予約による食事の提供も行われ、地元のレストランによる地元食材を使った弁当やコース料理を楽しめる。また、車内には食事や飲み物を提供するアテンダントが3人から4人乗車している。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1105>  2014.8.24更新