こうつうしぼうじこたはつけいほう

交通死亡事故多発警報

交通死亡事故多発警報とは、一定期間における交通死亡事故が多発した場合など、事故の発生が定められた基準を超えた際に、警察や地方自治体によって発令される警報のこと。発令される警報には期間が決められており、その期間中に住民に交通ルールの遵守を呼び掛けたり、交通の取り締まりを強化して、死亡事故を防止する。

都道府県警察が発令する交通死亡事故多発警報は、都道府県の全域を対象とするものと、一部地域を対象とするものに分けられている場合がある。この場合、警報の発令を行う発令権者は、対象とする地域の大きさによって異なることがある。

都道府県による交通死亡事故多発警報は、各都道府県の交通対策協議会が発令する。この協議会の会長は、都道府県知事が務めている。警報を発令してもなお、死亡事故の減少が認められない場合は、交通死亡事故緊急事態宣言が発令されることがある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<724>  2011.4.29更新