ごしんてつどう

五新鉄道 【 五新線 】

五新鉄道とは、奈良県五條市から和歌山県新宮市を結ぶ鉄道として、建設が進められたが、途中で工事が中止され、廃止となった鉄道路線のこと。未完成に終わったことから「幻の五新鉄道」と呼ばれることがある。

奈良県の五條は「吉野杉」などの木材の産地であり、木材の輸送手段として鉄道建設が熱望されていた。五新鉄道の構想が持ち上がったのは明治時代であり、大正時代に入り建設計画が発表されたが、恐慌と戦争により工事は進まず、本格的な工事が開始されたのは1957年からである。1959年に途中までの路盤が完成したが、地元の一部から鉄道ではなくバス路線の開業を求める声が上がった。

また、当初は日本国有鉄道(国鉄)の路線としての開業が計画されていたものの、近畿日本鉄道や南海電気鉄道が名乗りを上げるなどと混乱した。結局、鉄道が開通するまでの間、バス路線として鉄道用の専用路線を使用することとなった。その後も鉄道建設は進められたが、1982年に国鉄再建問題により工事が全面中止となり、最終的に計画は断念された。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<723>  2011.4.27更新