ちゅうおうじどうしゃどう

中央自動車道

中央自動車道とは、高井戸ICから小牧JCTまでを結ぶ高速道路。大月JCT〜河口湖ICまでの分岐部分である富士吉田線も含む。東京都、神奈川県、山梨県、長野県、岐阜県、愛知県の6都県にまたがる。NEXCO中日本が管理運営を行う。総距離は366.8km。2002年の1日平均交通量は約24万台。

高井戸ICで首都高速4号新宿線と接続、小牧JCTで東名高速道路及び名神高速道路と接続している。また、双葉JCTから中部横断自動車道、岡谷JCTから長野自動車道、土岐JCTからは東海環状自動車道が分岐している。

東京と名古屋を結ぶ道路としては他に東名高速道路があり、お互いに代替機能を果たしている。距離はほぼ同じだが、山間部を通る中央道の方がカーブ、トンネル、勾配が多い。

1967年に調布IC〜八王子ICで部分開通した後、次々と部分開通していった。全面開通に至ったのは1982年。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<187>  2009.8.18更新