さんりくてつどう

三陸鉄道

三陸鉄道とは、岩手県の太平洋沿岸を走る鉄道のこと。宮古市と久慈市を結ぶ北リアス線と大船渡市と釜石市を結ぶ南リアス線の2路線を運行している。岩手県と沿線自治体などが出資している第三セクターである。

国鉄再建法で廃止が決まった国鉄盛線、宮古線、久慈線と、日本鉄道建設公団が建設中だった路線を引き継いで、1984年4月に日本初の第三セクターとして開業した。鉄道事業のほか、オンラインショップでの物品販売も行なっており、オリジナルキャラクターの「久慈ありす」、「釜石まな」のグッズなどが人気を集めている。

2011年3月11日に発生した東日本大震災により、駅舎や路線が流出するなどの壊滅的な被害を受けて全線で不通となった。しかし、5日後の3月16日に北リアス線の陸中野田-久慈間の運転を再開したのを皮切りとして、現在では宮古-小木間を含む一部区間で運転が行われている。南リアス線は全線不通となっているが、2014年4月をめどに2路線全線での運転再開を目指している。

/
/
<807>  2011.9.26更新