いっぱんどうろ

一般道路 【 一般道 】

一般道路とは、自動車、原動機付自転車自転車軽車両歩行者など、あらゆる交通の用に供する道路の通称のこと。

一般道路には、法律上の明確な定義があるわけではないが、道路交通法関連法規である「交通の方法に関する教則(昭和53年10月30日国家公安委員会告示第3号)」において高速道路(高速自動車国道自動車専用道路)以外の道路を指すという意味合いがある。また、車両が通行できない登山道などは、一般道路には含まれない。

一般的に無料の道路を意味しており、通行する自動車などから通行料金を徴収する道路は有料道路といわれる。

あらゆる交通の用に供する道路ではあるが、自動車専用道路と同様に排気量125cc以下の二輪車の通行が禁止されている路線や高速道路並みの最高速度指定の区間などもあり、標識などに従う必要がある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<80>  2009.1.5更新