ワンマンうんてん

ワンマン運転

ワンマン運転とは、乗務員が一人で運転業務を行うこと。車掌が同乗せず、車掌の業務は運転士が行うか、機械化されている。乗客の少ない鉄道路線や路面電車などにおいて、おもに人件費削減を目的に行われる。

ワンマン運転の実施にあたっては、ATO(自動列車運転装置)や運転士がドア操作を行うためのホーム監視用車上モニタ、異常時に他の列車を緊急停止させる列車防護装置などの設備強化により、安全性の担保が行われる。また、駅のホームにドアや可動ステップなど設置することもある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<870>  2011.12.20更新