レディオくうこう

レディオ空港

レディオ空港とは、交通量が少ないため、航空管制官がいないが、航空管制運航情報官がいる空港のこと。航空管制運航情報官は、計器飛行方式の航空機へ管制機関からの管制承認を伝え、飛行場対空援助業務を行っている。

航空管制運航情報官は航空管制官と違い、航空機への指示や命令を直接出すことができないため、機長に交通情報や気象情報を提供するだけの業務に留まる。そのため、レディオ空港では機長は自分の責任と判断で離着陸を行う。

レディオ空港には、空港から約110km圏内の航空機の位置を探知して出発や進入機の誘導を行う「空港監視レーダー」が設置されていないことから、情報圏内に1機ずつしか進入できず、到着機が続く場合、航空機は上空で旋回待機をすることとなる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<986>  2012.6.18更新