レアメタル

レアメタル

レアメタルとは、もとより埋蔵量自体が少なく、特定地域に偏在する希少金属。ニッケル、チタン、インジウムなど。レアメタルはハイテク製品の製造に不可欠であり、鉱種によっては数年の間に5〜10倍近くまで暴騰することも少なくない。

今まで安価で他国に輸出していた資源大国が経済発展を遂げ、自国で消費するようになったため、争奪戦が繰り広げられている。資源外交の面から、重要な外交カードとしても認識され始めている。日本は世界の総消費約25%を占めており、政府はレアメタルの安定供給に乗り出すことも発表している。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<32>  2008.3.11更新