リコール

リコールとは、製品に欠陥が見つかった場合などに、製造者が無料で実施する回収、修理、交換のこと。

大別して法令に基づくものと、製造者や販売者による自主的なものがある。法令に基づくものとしては、消費生活用製品安全法や道路運送車両法によるリコールが代表的である。

道路運送車両法に基づく自動車やオートバイのリコールでは、2010年にトヨタ自動車のアクセルペダルに関する不具合が、米国で発生し、全世界で445万台のリコールを実施した。トヨタ自動車は米国の運輸省に過去最大の民事制裁金を支払っている。

1997年は富士重工業、2000年には三菱自動車が欠陥を国土交通省へ届け出ずに回収、修理をするというリコール隠しをしたために、行政処分が下された。こうしたの事件を機に企業の社会的責任がより厳しく問われるようになった。

  • PM  【粒子状物質】
    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<461>  2010.4.22更新